本文の始まりです

福祉ルームみらい野芥 とは about

放課後等デイサービスについて

児童福祉法に基づいた障がい児通所支援事業です。
主に、日中学校へ通う障がいを持つ子どもたちに対し、学校就業後の放課後や、学校休業日の夏休みなどに事業所を開所し、生活能力向上のための訓練、放課後の居場所の提供などを行います。

福祉ルームみらい 野芥 の3つの約束

私たちが大切にしていること。それは、楽しさの中から、未来に役立つ「生きるチカラ」が自然に学べる場づくりです。色んな体験を通じて心・体を健やかに育んでいきます。中でも私たちが最も大切にしているのが「安心」です。子どもたちもご家族も安心してご利用できるよう、おひとりおひとりとじっくり向き合い、それぞれの接し方やカリキュラムの内容を創造します。協力機関であるクリニックや調剤薬局とともに連携し、「豊かな時間」作りのお手伝いを行っています。



ロゴの由来


オレンジの濃淡に少しピンクを加えたイメージカラーリングにより未来への希望を印象させつつ明るく温かみのある印象のロゴとなっています。
よく見ると二人のひとが手をつなぎあったり、肩を組み合っています。形や大きさがさまざまに異なる円が重なり合っており、医療や福祉にかかわる色々なもののミックスを抽象的にあらわしたデザインです。


施設長挨拶


管理者兼児童発達支援管理責任者 吉田 麗華
たくさんの子どもたちに出逢いたくさんの学びを共にしてきました。子どもたちの"できる力”を一緒に発見しながらスモールステップで成長のお手伝いをし"喜び”と"感動”を保護者様と共有できるよう頑張っております。
また地域の皆様より"ナンバー1”と言って頂けるよう、たくさんの笑顔があふれ、たくさんの笑い声が聞こえるアットホームな事業所づくりをスタッフと共に協力しながら目指しています。


スタッフ紹介


理学療法士 今西 由依子
子どもたちが楽しく、そして有意義な時間を過ごせるようにサポートし、一人ひとりの個性を大切に支援していきます。
子どもたちはもちろん、スタッフ・保護者の皆様も笑顔いっぱいの事業所を目指します。
どうぞよろしくお願い致します。


看護師 成村 由加
看護職で働くかたわら7年前より自身の子どもが通う小学校の支援クラスの子どもたちとコミュニケーションを図り関わらせて頂いてました。
子どもたちと共に楽しんで笑顔いっぱいに、健康面での観察やサポートを務めてまいります。
よろしくお願いします。


作業療法士 竹内 愛実
お子様との関りは勉強中の未熟者ですが、「楽しい時間」や「安心する時間」を一緒に作っていきたいと思います。
どうぞよろしくお願いいたします。


看護師 前田 敦子
子どもたちが健やかに伸び伸びと時間が過ごせるよう健康面から支援して参ります。
きめ細やかな観察力と対応、優しい気持ちで接することを信条と致しております。


保育士 山口 孝子
以前は児童発達の事業所で保育士をしており今回ご縁がありみらいに入社いたしました。
保育士としての経験は浅く、まだまだ未熟者です。
どうぞよろしくお願いいたします。


作業療法士 角田 孝行
作業療法士の角田(かくだ)です。お会いした子どもたちには、何かお土産(できた、やった!=来て良かった)を持って帰ってもらえるよう、関わらせて頂いています。普段は大学で勤務していますので、週1くらいのペースでお会いできるかと思います。
どうぞよろしくお願いします!


保育士 奥野 晶子
保育士として6年程保育園で勤務し、数か月発達支援に携わらせて頂いていました。
子どもたちの笑顔や仕草に癒されながら、一人ひとりを尊重しサポートしていきたいと思います。
どうぞよろしくお願いいたします。


施設概要 OVERVIEW

福祉ルームみらい野芥

住所: 〒 814-0171 福岡市早良区野芥2丁目6-9

TEL: 092-836-8771 (10:00〜19:00)

ご利用可能日:月~土(日曜・祝日・年末年始)

本文の終わりです

ページの上部へ