本文の始まりです

福祉ルームみらい 早良 とは about

放課後等デイサービスについて

障害者総合支援法に基づいた障害福祉サービス事業のひとつです。
主に、日中学校へ通う障がいを持つ子どもたちに対し、学校就業後の放課後や、学校休業日の夏休みなどに事業所を開所し、生活能力向上のための訓練、放課後の居場所の提供などを行います。

福祉ルームみらい 早良 の3つの約束

私たちが大切にしていること。それは、楽しさの中から、未来に役立つ「生きるチカラ」が自然に学べる場づくりです。色んな体験を通じて心・体を健やかに育んでいきます。中でも私たちが最も大切にしているのが「安心」です。子どもたちもご家族も安心してご利用できるよう、おひとりおひとりとじっくり向き合い、それぞれの接し方やカリキュラムの内容を創造します。協力機関であるクリニックや調剤薬局とともに連携し、「豊かな時間」作りのお手伝いを行っています。



ロゴの由来


オレンジの濃淡に少しピンクを加えたイメージカラーリングにより未来への希望を印象させつつ明るく温かみのある印象のロゴとなっています。
よく見ると二人のひとが手をつなぎあったり、肩を組み合っています。形や大きさがさまざまに異なる円が重なり合っており、医療や福祉にかかわる色々なもののミックスを抽象的にあらわしたデザインです。


施設長挨拶


管理者兼看護師 吉田 麗華
たくさんの子どもたちに出逢いたくさんの学びを共にしてきました。子どもたちの"できる力”を一緒に発見しながらスモールステップで成長のお手伝いをし"喜び”と"感動”を保護者様と共有できるよう頑張っております。
また地域の皆様より"ナンバー1”と言って頂けるよう、たくさんの笑顔があふれ、たくさんの笑い声が聞こえるアットホームな事業所づくりをスタッフと共に協力しながら目指しています。


スタッフ紹介


児童発達支援管理責任者 山内 宏貴
保育士資格を有し、放課後等デイサービスに携わって参りました。
私は子どもたちが感じる"嬉しい気持ち”"楽しい気持ち”"こんな事をやってみたいんだ!”"こんな風に思っているんだ!”という色々な気持ちに寄り添いながら子どもたちが持っている素敵な力を一緒に伸ばしていけるよう、また、保護者の皆様が笑顔になれるように支援して参ります。


作業療法士 中村 聡美
子どもたちの関りの中で、子どもたちの日々の成長を見守り支援できることを幸せに感じています。
遊びや関わりの中で個々のニーズに合わせたリハビリを提供していき、今後も子どもたちの気持ちに寄り添いながら支援していきたいと思います。


保育士 甲斐 聖奈
みらい早良が子どもたちにとって楽しく心地よい居場所だと思ってもらえるよう、子どもたちの気持ちに寄り添いながら支援していきたいと思います。どうぞ宜しくお願い致します。


保育士 筒井 優
行動障害支援者養成研修実践研修受講
以前少しの期間、発達の子どもたちが通っている放課後等デイサービスでお世話になっていました。
まだまだ分からない事ばかりで、毎日が勉強の日々です。しかし、今までの経験を活かしながら子どもたちと明るく笑顔で楽しく関わっていきたいと思います。どうぞよろしくお願い致します。


看護師 志賀 奈保子
看護師となり20年余りとなりますが児童のデイは初めてで日々勉強の毎日です。
子どもたちは言葉での心身の不調を表現することが難しい分、小さな変化を見逃さないようご家族と連携しながらチームの一員として頑張っていきたいと思っております。


保育士 山口 愛子
これまで乳幼児の保育に従事してきました。一から一つ一つ勉強している真っ只中です。
子どもたちの気持ちをを受け止めながら丁寧に関わっていけるよう努めていきたいと思います。これから宜しくお願い致します。


施設概要 OVERVIEW

福祉ルームみらい 早良

住所: 〒 814-0022 福岡市早良区原5-22-13 医療法人あんのうらクリニック内

TEL: 092-822-6644 (10:00〜19:00)

ご利用可能日:月~土(日曜・祝日・年末年始)

本文の終わりです

ページの上部へ